2016/06/04 21:54


先日、OZONEのライティングスペシャリストの試験に合格しました。
しばらく勉強していたので、嬉しい!

一般住宅で照明デザイナーを起用することは、まだまだ極希なこと。
日本は長い間照明に重きを置いてこなかったので、多くの建築士が知識不足で、
どの部屋も同じように照明計画をしてしまう傾向があります。
これは、とてももったいないこと!
照明は、ただ明かりをとるという目的だけでなく、空間の印象をガラッと変えることができる、重要なアイテムなのです。

照明専門のデザイン事務所に仕事を依頼することができれば、一番良いかもしれませんが、
住宅を建てる際に少しでも価格を下げたいと思うと、実際問題なかなか難しいかもしれません。
その足りない部分を建築士が知識を蓄えることで補うことができれば素晴らしいですよね。
これからも意欲的に学んでいきたいです。